大阪ニュース

New! お薬のご協力をお願いします

いつもアークの活動にご理解とご協力を賜り、ありがとうございます。

大変恐縮ですが、また皆さまにご協力のお願いがあります。

今、シェルターに暮らす犬の40%強が10才を超えたシニア世代となっております。猫はそこまでシニア率が高くありませんが若い子にも体調管理が必要な子が多く居ます。

その子達が飲んでいる様々なお薬がありますが、もしご家庭で使わなくなったものなどがございましたらご寄付のご協力をお願いいたします。

投薬01投薬02

写真は投薬が必要な子達です。この子達以外にも投薬をしている子がいます。

スポンサーアニマルも写真には写っていますが、皆さまからのご支援できちんと投薬が行えております。

しかし、お手持ちの薬で不要の物がございましたらぜひ使わせていただきたい気持ちでこちらの写真一覧に載せております。

悪しからずご了承ください。

 

<ご寄付のご協力をお願いしたい薬品名>

K,C,L点滴液/ アピナック / アモキクリア / ウルソデオキシコール酸 / キサラタン点眼 /コバルジン/ シクロスポリン / スパカール / セミントラ / ソルラクト点滴 / ダオニール / チラーゾン / チルミン / パセトシン / ビブラマイシン / ピモベハート / ファモチジン / フラジール錠 / プレドニゾロン / フロセミド / ブロン錠 / ベトメディン / ヘパテクト / メルカゾール / リフォロースシロップ / リリカカプセル / リンゲル点滴

心臓病、肝臓疾患、腎臓疾患、甲状腺機能、ステロイド系などが主になっております。

その他、抗生剤、点滴用輸液は脱水症状などの改善にも使用します。

もちろん、上記以外に痛み止めなどを一時的に服用する子もおりますし、人間用と同じものを犬に与える(処方される)こともございます。

ここに載っていない、または使用期限がもう少しだから…と諦めずに、ぜひアークで使わせていただきたいです。

 

ご協力いただける場合は

住所: 〒563-0131 大阪府豊能郡能勢町野間大原595  アーク宛

まで送っていただきますと助かります。どうぞよろしくお願いします。

 

 

 

 

 

 

 

Find us on..

  • facebook
  • twitter
  • blog
  • Youtube
  • Instagram

ショッピングでご支援いただけます

  • amazon
  • 楽天
  • ARK Shopping